福祉用具貸与事業者、ケアマネージャー、介護事業者向けお役立ち情報

GCメディアMIX

GREEN CARE MEDIA MIX

【介護】できるADL しているADL するADL

できるADL しているADL するADL
Activities of Daily Living(日常生活活動)

ADLは食事、排せつ、着脱衣、入浴、移動、寝起きなど
日常生活を送るために必要な基本動作。

「できるADL」と「しているADL」とのギャップ(差異)がある
①訓練ではできるが、実際の生活では様々な物的・人的障害多い。
②訓練の時はがんばれるが、ふだんは疲れてできない。
③訓練室だけがリハだと思い、日常生活では無理という気持ち。
④介護してもらいたいという依存の気持ち。
⑤時間をかければ一人でもできるが、他に優先することがある場合、体力消耗を避ける気持ち。
⑥過度あるいは不適切な介護

「するADL」を目指そう
①まず「するADL」目標を設定。
②それを実現するために どのような順序で「しているADL」を実行するか決める。
③「できるADL」として何をどのように訓練していくか優先順位決める。

役割や趣味を生かす「生きがい・やりがい」が
「するADL」から
「積極的にするADL」へとつながります。

【文】大谷 道明 (株)総合リハビリテーション研究所 理学療法士 博士(保健学)
【参考文献】朝田 隆:高次脳機能障害のリハビリテーションVer.2 pp25、医歯薬出版、2013